人生をアクティブに過ごすためのアウトドア情報をお届けするブログ

【西穂独標】あこがれの穂高に向けて!!まずは西穂独標へ

2019/04/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SAYATO
管理人のSAYATO(サヤト)です。 東京での10年間の生活を経て、千葉県の南房総にUターンしてきた2児の父親です。 自然に囲まれた環境から、アウトドア活動に魅了され、家族を巻き込んでの登山・キャンプなどを楽しんでいます!

[西穂独標]北アルプス
2013.6.26
バースデー登山は大荒れの天気で
撤退する

今回の登山計画を立てた1週間ほど前から、毎日のように当日の天気を気にしていました。
なぜなら記念すべき、バースデー登山になるからです。日ごろの行いが試され時が来ます。

前日の天気予報では、くもり。

心配ではありますが、計画通り西穂独標の登山口である新穂高ロープウェイへ向かいました。

西穂独標

西穂独標は標高2701m。北アルプスの入門コースとして知られていますが、西穂独標から西穂高山頂までは熟練者向きのコースとなっています。
山頂から奥穂高岳までの区間の岩稜は、北アルプスの主稜線上では屈指の難コースとなっています。

アクセス情報

長野自動車道、松本ICより90分

有料駐車場あり

おすすめポイント

新穂高ロープウェー展望台からの景色は、ミシュランガイドに認定

穂高連峰の中では、初心者向け

日帰り登山が可能

登山口までの道のり

東京湾アクアライン「海ほたる」
前回と同様に海を渡っての旅となります。海上には、たくさんのタンカー船が行き来をしています。

「海ほたる」から先は川崎方面に向かって「海底トンネル」が続いています。このバカでかいオブジェは、そのトンネルを掘ったドリルです。

「海ほたる」は海上にありますが、住所的には千葉県の木更津市となってます。名物の「あさりまん」
ここ木更津市は潮干狩りでも有名です。近年では、あさりが少なく潮干狩りをする海岸に、あさりを撒いてるとか・・・有料の潮干狩りで何も採れなかったら「金かえせぇー」という事態になってしまいますので、みなさんに楽しんでもらえるように、大きく育てたあさりを撒いているようです。

今回は中央道の松本までの長い道のりとなりますので、双葉サービスエリアにて休憩です。

深夜10時、本当ならこんな時間に食べてはいけない、炭水化物のオンパレード。すべては明日の登山のために、心を鬼にしていただきます。しかし深夜に食べるラーメンって、なんで美味しく感じるんだろう。

深夜に、お腹いっぱい食べた後、必ず襲ってくるもの。それは「眠気」この「眠気」は登山なんか止めにして、このまま帰って「寝よう」と思ってしまうほどの強敵です。
背伸びの運動をして、この強敵を払いのけます。

道の駅「風穴の里」
しかし仕事帰りで、千葉から松本までの道のりは長かった・・
眠気も限界に達し、急きょ道の駅「風穴の里」にて車中泊となりました。ちなみに日付が変わり誕生日を迎え瞬間は、コンビニの中でした・・
簡単ではありますが、誕生日パーティーです。

朝6:00起床。天気は、予報通りのくもり。これなら行ける!
その時、ポツリ・・ポツリ・・雨が・・

俺の誕生日なんてこんなもんだよ。
俺の人生なんてこんなもんだよ。

と思いつつ、まだ期待している自分が好き。

地元のおじさんにトイレで会い、話をすると「今日の天気は荒れるよ」同時に会社の人からメールがあり「木更津は大雨だよ。無理はするな」と・・

考えました・・

目にとまったのは、トイレに貼ってあったマンガ「岳」のポスターです。
山登り10訓には「山の天気は生死を分ける」と書いてある。

そして、また考えました。

「考えるな!感じるんだ!」
ブルースリーの名言です。

その時、大粒の雨を感じました。

「今日は純粋に、観光を楽しもう!」

さわんど温泉 湯の里
今回は、残念ながら天候に恵まれず観光旅行となりました。

「日本むかし話」の景色みたーい!
龍に乗った、子どもの絵が浮かびます。

坊やぁ~良い子だ、金出しな~。
僕たちの世代なら、誰もが知る、替え歌です。

ブラブラと辺りを散歩しますが、雨も強くなってきました。

川の水量も増し、ゴーッと激しい音を立てて流れています。

足湯にて、雨で冷えた体を温めます。

新穂高ロープウェイ

こんな天気でしたが、新穂高ロープウェーは運行していました。
第1ロープウェーから第2ロープウェーまでは見た感じ、かなり急でしたが乗ってみると案外、快適でした。

乗り継ぎのある、第2ロープウェイ乗り場まで歩いて向かいます。
ここから利用するロープウェイは2階建てです。西穂高をはじめ、名だたる山々が顔を見せてきます。

西穂高口、展望台に到着しました。ここは標高2156mの展望台となります。
展望台ではスタッフの方が、山々をバックに写真撮影をしてくれます。
写真が気に入れば購入するという、観光地によくあるシステムです。

とにかく雨と風が、ものすごかったです。とても寒く、雪でも降ってきそうな天候でした。
写真撮影をしてくれた、スタッフのお兄さんも、かわいそうだった・・
あまりの寒さに展望台での滞在時間は5分ほど。
ここにはモンベルショップがあり、登山装備の忘れ物にも対応できます。

下山開始!

予定より早く下山したので・・てか登山できなかったので、時間があり余っています。
デジカメの連射機能を使って、暇をつぶしています。

帰りの温泉さがし。「今日は露天風呂の日」と書いてある旗を見つけました。
今日は6月26日。なんで露天風呂の日なの?むしろ俺の誕生日でしょ。

6.26  6.26  6.26・・・ろ てん ぶろ

なるほどね!

ちなみに6月26日は日本を代表する発明家、ドクター中松さんの誕生日でもあります。
代表作品としてフライングシューズ(ぴょんぴょんシューズ)が有名です。
靴の底がバネになっており、ピョンピョンと高くジャンプできる靴。

この靴を履いて旅客機に乗り込もうとピョンピョンはねた勢いで、天井に頭をぶつけてしまい「頭が悪くなったらどうしてくれる!」と怒ったというエピソードをもっています。

残念ながらバースデー登山はできませんでしたが、バイキングにて誕生日パーティーをし旅は終了です。

登山を終えて

今回は天候に恵まれず、西穂高口での撤退となりました。「撤退しよう」という決断も、登山をする者にとっては必要だと思ます。残念でしたが、これも良い経験になったと感じました。

その悔しさと同時に、またいつか登ってやろう!という気持ちにもなりました。
展望台から見た山々を眺めて、あの山にも、この山にも登りたいと。
より一層、山が好きになったように思えます。

山バッジ

ロープウェイ乗り場で購入できます。西穂高や槍ヶ岳の山バッジもありましたが、ここは正直にロープウェイのバッジを購入しました。アルプスの山をバックにスズランの花と2階建てのロープウェイがデザインされているバッジです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
SAYATO
管理人のSAYATO(サヤト)です。 東京での10年間の生活を経て、千葉県の南房総にUターンしてきた2児の父親です。 自然に囲まれた環境から、アウトドア活動に魅了され、家族を巻き込んでの登山・キャンプなどを楽しんでいます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 『Outdoor☆Boogie』 , 2018 All Rights Reserved.