人生をアクティブに過ごすためのアウトドア情報をお届けするブログ

【榛名山】視界不良で、あえなく撤退・榛名山登山

2018/11/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SAYATO
管理人のSAYATO(サヤト)です。 東京での10年間の生活を経て、千葉県の南房総にUターンしてきた2児の父親です。 自然に囲まれた環境から、アウトドア活動に魅了され、家族を巻き込んでの登山・キャンプなどを楽しんでいます!

[榛名山]北関東
2013.9.2
霧と雨で視界なし!あえなく撤退
伊香保~草津温泉の旅

結果から言いますと。本来、晴れていれば、このような景色でしたが。

榛名公園ビジターセンター駐車場から「榛名富士登山口」付近は、このような感じです。少しくらいの霧なら、躊躇しますが、ここまでガスってると、あきらめもつきます。
そもそも今回、榛名山を選んだ理由は「友達の春名くんが結婚した」という、しょうもない理由で榛名山を選んだのですが、このザマです。
しかし「春名くん」に罪はありません。

榛名湖
なにも見えない榛名湖にて呆然と立ちつくす・・
景色同様、頭の中も真っ白です。
このまま千葉まで、ぬけぬけと引き返すわけにはいかないので、せめてロープウェーを使って山頂までと思い、ロープウェー乗り場へ向かいます。

一応、ロープウェー乗り場まで来てみても、言うまでもなく休業。
せっかく休みをとって、千葉から3時間かけて来たのに・・
今回の榛名山登山は撤退となりました。

前回の撤退登山

榛名山

標高は1449m。関東地方の北部、群馬県にある「赤城山」「妙義山」と上毛三山の一つで、日本二百名山に選定されています。
古来より山岳信仰を受けてきた山であり、山の南西麓に榛名神社が祀られている。
また榛名山の周辺には、伊香保温泉などの群馬を代表する温泉街もあります。

日本二百名山

日本百名山を選定した、深田久弥のファン組織「深田クラブ」によって、日本百名山に新たに百座を加えたもの。

アクセス情報

関越自動車道「前橋IC」から50分

榛名公園ビジターセンターに無料駐車場あり

おすすめポイント

日本二百名山に選定されている

周辺には温泉街をはじめ、観光スポットが多数ある

伊香保温泉までの道のり

ここから先は、まったくのノープランです。仕方なく市街地まで戻ることに。

人生のスパイス・酒

今の自分たちにぴったりの看板です。

酒でもかっくらって、ふて寝でもしたい気分です。そうなると「これからどうしましょう?」となるわけですが。

群馬県は温泉の街です。伊香保温泉に行くしかないでしょ!
伊香保で「人生のスパイス、酒じゃ」となるわけです。

伊香保温泉

伊香保温泉
伊香保温泉街に到着。言わずと知れた群馬県にある「草津温泉」「四万温泉」に並ぶ「三名湯」の1つです。

茶褐色の硫酸塩は「子宝の湯」として知られています。

温泉街のシンボルであり、メインロードとなる「伊香保石段街」は長さ300m、365段の階段があります。
この石段の両側には、お土産屋、温泉旅館などがあり、昔ながらのレトロな感じが漂う温泉街です。

雨が降っていたので、観光客の姿はあまりなかったのですが、小雨の降る温泉街も情緒のあるものでした。

伊香保神社

階段を登り、見えてくるのが伊香保神社です。
祭神は温泉・医療の神様のようですが、縁結びと子宝にご利益があるようです。

休み処もありますので、階段を登りきった後の小休憩に利用できます。

河鹿橋

河鹿橋
伊香保神社を進むと、朱塗りの太鼓橋が特徴の「河鹿橋」があります。
秋になると、モミジやカエデが一斉に真っ赤に染まり、紅葉の季節は観光客でにぎわう、紅葉のスポットとなります。

さらに進むと「伊香保温泉飲水所」となる場所があります。
ここでは温泉水が飲めるようでした。

まずっ!

錆びた鉄の味がしました。

伊香保温泉露天風呂

源泉湧出口
ここから伊香保の温泉が湧き出ているようです。湧出口を覗き込むと、ボコボコっと源泉の湧き出る様子が見えてきます。

伊香保温泉露天風呂
365段の階段を登ってきた適度な疲労感が、この温泉をより一層、気持ちよく感じさせてくれます。

脱衣所には仕切りなどなく、露天風呂からは丸見えです。こじんまりとした感じが、他のお客さんとの距離を縮めさせてくれるようにも思えます。

この時点で、まだ昼過ぎです。千葉に帰るにはもったいない時間です。
群馬と言えば、もう一つ温泉があるじゃないですか!

草津温泉

草津まで来ちゃいました。伊香保から草津までは、車で1時間ほどです。お土産屋、温泉旅館など統一感のある建物が、温泉街の風情を引き立てています。どこにでもあるコンビニも、建物の色を変えて温泉街に溶け込んでいました。
草津温泉名物の「もみ湯」を体験できる施設もあります。

草津温泉

群馬県吾妻郡草津町にある日本三名泉の一つ。江戸時代の温泉番付でも最高位の番付がつけられ、古くから人々を癒し続けている日本を代表する名湯です。

湯畑
草津温泉街に着いて、まず出迎えてくれるのが温泉街の中心部にある「湯畑」です。

大量に湧き出る源泉から硫黄の匂いと、湯煙が立ち上がる光景は「見たまえ!これが草津ぞよ!」と訴えかけられているような、圧倒的なスケールを感じます。

木の桶を通すことで、高温の源泉を冷やすのと同時に、沈殿物を採取します。この沈殿物が「湯花」と呼ばれ、天然の入浴剤として、お土産などで人気があるようです。

まさに湯畑という畑から採れた、湯花という花となるわけです。

そして湯畑から湧き出た温泉は「滝湯」に打たれ、泉質が柔らかくなるそうです。

四角に組まれた木の枠は「御汲上の湯」と呼ばれています。
江戸時代、徳川の将軍に温泉を献上するため、汲み上げる際に使用した木枠となっているようです。

西の河原園地

西の河原園地
湯畑から歩いて10分ほどのところに、遊歩道で整備された河原があります。
普通の河原に見えますけど、川の水は温かいです。どんだけ温泉が湧き出ているんですか!河全体が足湯状態です。

河原を上流に登って行くと、西の河原露天風呂があります。
この大露天風呂は、広さ500平方メートルあり、日本でも有数の広さを誇る露天風呂です。
広大な広さから、露天風呂というよりレジャー施設のプールに近い感覚がありますが、エメラルドグリーンの湯と、山々に囲まれた自然の中に広がる露天風呂は、これまでに味わったことのない解放感のあるお風呂です。

旅を終えて

今回は悪天候のため、榛名山登山は中止となってしまいましたが、日本を代表する2つの温泉に入れるなど、とても贅沢で充実した旅となりました。

伊香保温泉には昔ながらの味があり、草津温泉にはダイナミックさが感じられ、どちらも良い温泉だと感じました。

人生のスパイスには「酒」もいいけど「温泉」もだね!みたいな「ホッ」とした気分になった旅となりました。

この記事を書いている人 - WRITER -
SAYATO
管理人のSAYATO(サヤト)です。 東京での10年間の生活を経て、千葉県の南房総にUターンしてきた2児の父親です。 自然に囲まれた環境から、アウトドア活動に魅了され、家族を巻き込んでの登山・キャンプなどを楽しんでいます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 『Outdoor☆Boogie』 , 2018 All Rights Reserved.