人生をアクティブに過ごすためのアウトドア情報をお届けするブログ

【御岳山】都会のオアシスに癒しを求めて!御岳山登山

2019/08/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SAYATO
管理人のSAYATO(サヤト)です。 東京での10年間の生活を経て、千葉県の南房総にUターンしてきた2児の父親です。 自然に囲まれた環境から、アウトドア活動に魅了され、家族を巻き込んでの登山・キャンプなどを楽しんでいます!

[御岳山]奥多摩
2013.12.6
癒しのロックガーデンとパワースポット武蔵御嶽神社へ!
御岳山登山

最近、「田舎に住みてぇ~」「田舎に移住してぇ~」と思っていたところ、自分の住む南房総が「住みたい田舎」にランクインしていたことを知る・・

えっ!ここも十分に田舎なんじゃんっ・・

都会人みたいな発想をしていた自分が恥ずかしい・・

まぁこんな田舎もんでも、癒されたいのですよ。

今回は癒しを求めて東京都にある御岳山に行ってきました。数々のパワースポットが存在する御岳山、ロックガーデンを経由して山頂へと向かう旅です。

御岳山

標高929m。古くから山岳信仰の対象となっており、山頂には武蔵御嶽神社が建立されています。
神代ケヤキや安産社などの数多くのパワースポットがあります。
またロックガーデンと呼ばれるエリアは癒しの場として親しまれています。

アクセス情報

  • 中央自動車道 八王子ICより60分
  • 滝本駅に有料駐車場あり

おすすめポイント

  • 東京都とは思えない自然豊かな場所
  • 数々のパワースポットがある
  • ケーブルカーを利用すれば手軽に登れる

登山口までの道のり

千葉県のマスコットキャラクターである「チーバ君」は千葉県の形をしています。

チーバ君の「つま先」からの出発は、千葉県を出るだけでも時間がかかる・・

そしてチーバ君の「おへそ」の辺りから出ている「東京湾アクアライン」を渡っていきます。

東京湾アクアラインから八王子方面に向かいます。
車のエアコンが故障しているため、寒さで震えながらの出発となりました。

後日、エアコンのパネル部分をぶっ叩いたら直りました。昔のテレビは映りが悪くなると、親父がぶっ叩いていた。すると、あら不思議!テレビがちゃんと映るのです。

現代の機械も、この方法で通用するようですが、無論おすすめはしません。

前回の丹沢登山では、ヘッドライトが活躍しました。今回も万が一に備えます。

モンベルのヘッドライトに専用のカバーを装着すれば、ランタンに早変わり!
車中泊の多い自分たちには大変便利な代物です。

道の駅「八王子 滝山」

道の駅「八王子滝山」にて車中泊。
6:00起床。きれいな朝焼けが登山初日を迎えてくれます。ここの道の駅は、東京初の道の駅であり「東京唯一」の道の駅です。

地元の農産物の販売やフードコートを備えています。

野菜などの搬入で、早朝からにぎわっていました。ここからケーブルカー乗り場のある御岳登山鉄道「滝本駅」へと向かいます。

御岳山鉄道 滝本駅

御岳登山鉄道「滝本駅」

ここからケーブルカーの利用となります。滝本駅から登山口のある「御岳山駅」までの標高差420mを結ぶケーブルカーです。

この時点で、東京とは思えない景色が広がっています。

駅には売店があり、山バッジの購入もできます。

関東一の急勾配を誇るケーブルカーです。窓側に座れば、グングン迫ってくる自然の景色に大興奮!

ちなみにケーブルカーを利用しないで登る場合は、50分くらいの時間がかかるようです。体力に自信のある猛者は、お試しあれ。

わずか6分ほどで「御岳山駅」に到着。

駅の周辺には売店やお土産屋が立ち並んでおり、にぎやかです。

御岳平

御岳山駅の目の前にある標高831mの御岳平からは、晴れていればスカイツリーも見えるそうです。

登山開始!

御嶽神社参道入り口から登山が始まります。

数ある登山口を見てきましたが、ここの登山口の歓迎感はハンパない。

今思えば、筑波山登山の時の「がまランド」の歓迎感もハンパなかった・・

はじめは民家の合間を通り抜けるような舗装された道が続きます。

昔ながらの民家があったり石垣が続いたりと、登山というよりは観光旅行にでも来ているような道のりです。

この辺りの集落には、今や珍しい「かやぶき屋根」の古民家が立ち並んでいます。

標高900mちかくにある、まさに天空の集落です。

集落の中に突如現れる「神代けやき」

高さ30mはあろう大木は、国の天然記念物に指定されています。推定樹齢は1000年で幹周は8.2m。
東京都内4位の幹周を誇っています。

お土産屋が立ち並ぶ路地を抜けると、御嶽神社に続く大鳥居と石段が見えてきます。
奥に見える随神門は御嶽神社への入り口となっていて、階段の総数は330段。

神社への参拝は後にして、ロックガーデンの方へ向かいます。

樹齢何百年とありそうな、見上げてしまうほど高い木々が立ち並ぶ道が続きます。

大木の続く登山道を抜けると、下りの続く本格的な登山道へと入って行きます。
柔らかな木漏れ日に包まれた道のりです。

分岐点を七代の滝方面へと向かうと、微かながらに水の音が聞こえて来ます。

七代の滝

七代の滝

大小8段の滝からなっていて、その落差は全体で50mと言われています。この七代の滝は下から4段目の滝です。
マイナスイオンに癒されるパワースポットの1つです。

この日は肌寒かったですが、夏に来たらもっと気持ちいいでしょうね!

大きな岩があったので、とりあえず登ったところ、降りられなくなったので決死のダイブ!

七代の滝を出るには、急な階段を登ります。さっきのダイブのおかげで足がイテッ・・

天狗岩

急な階段を登り終えたところに見えてきたのが「天狗岩」です。遠くから見ると岩が天狗のように見えるとか。

この天狗岩には鎖をつかい登ることもできます。

天狗岩を登ると2体の天狗の像を見ることができます。

天狗岩を過ぎ、しばらく歩くと小さな沢が出てきました。ここが東京とは思えないほど、静寂に包まれた場所です。

ロックガーデン

沢沿いを進んで行くと、大小さまざまな岩がでてきます。
天狗岩から綾広の滝までの沢沿いが「ロックガーデン」と呼ばれています。自然に作られた日本庭園のような景色に癒されます。

ベンチとテーブルを備えた広い休憩所があり、ここで昼食。ロックガーデンの景色を堪能しながらの贅沢な休憩スポットです。

落ち葉を散らし「幻想的かつインスタ映え的な」写真を狙ったら、山に向かって雄たけびをあげている「変人」みたいになっちゃった・・

休憩を挟み先に進んでみます。ロックガーデン付近の岩場は濡れている個所が多く、滑ることもあるので注意が必要です。

綾広の滝

綾広の滝

落差10mの滝で武蔵御嶽神社の禊の行事に使われています。
罪やけがれを落とし自らを清めたい方は、宿坊にて「滝行宿泊プラン」に申し込もう!肩こりも治るかもよっ!

ロックガーデンを過ぎると景色は変わり、緩やかな登山道へと戻ります。
これから御岳山山頂である武蔵御嶽神社へと向かいます。

宝物殿

宝物殿の前に建つ畠山重忠像。
武将が着けていたとされる兜や鎧などが奉納されており、国の指定文化財となっています。

御岳山山頂!

御岳山山頂である武蔵御嶽神社に到着
標高929m

古くから関東の霊山として信仰されており、盗難除け、魔除けの神である「おいぬ様」として親しまれています。

近年では犬を連れた参拝客が増えているそうです。

下山開始!

神社で参拝をすませ下山開始です。神殿に続く階段を降りると、風情のある参道に戻ります。

このあたりの住所は御岳山なんでしょうか?

どこに住んでるの?

「御岳山」だよ!

ちょっと言ってみたいセリフです。

御岳山駅付近まで戻ると、ピンクの怪しい看板が。

ピンクの怪しい看板の先には、「安産杉」「夫婦杉」「子授け檜」といった数々のパワースポットがありました。

登山を終えて

古くから山岳信仰のある山とあって、静寂に包まれるような厳かな雰囲気がパワースポットと呼ばれる由来になっていると感じます。

またロックガーデンでは、自然が作るダイナミックな風景に壮大感を感じ、東京とは思えない秘境感にも癒しを得ることができます。

数々のパワースポットが存在する御岳山に、一度は足を運んでみる価値ありです!

山バッジ

丸いデザインにレンゲショウマの花をモチーフとした山バッジ。刻印されている「Divine  Mountain」は神聖なる山の意味です。
神聖なる山にふさわしい気品のある山バッジです。

この記事を書いている人 - WRITER -
SAYATO
管理人のSAYATO(サヤト)です。 東京での10年間の生活を経て、千葉県の南房総にUターンしてきた2児の父親です。 自然に囲まれた環境から、アウトドア活動に魅了され、家族を巻き込んでの登山・キャンプなどを楽しんでいます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 『Outdoor☆Boogie』 , 2019 All Rights Reserved.